雑問のすすめ@じごまる

タグ:昆虫 ( 171 ) タグの人気記事


おっとっと~~


人生とは、正に綱渡り、なるだけ太い綱につかまる方が安全かもしれないけど太い縄は持つ力が要るのでこれもまた大変であろう。

細い綱を、切れないように気遣いながら、ふらふらしながらが良いな。
僕にはこの方がお似合いだ。
羽が無いから、君達の様に飛ぶわけには行かないけど。

e0025779_09158.jpg


e0025779_092851.jpg


by jigomaru | 2006-07-05 00:16 | カミキリ

プレゼントは

娘が学校の帰りに、バス停で見つけたそうです。
お友達が「頂戴」って言ったらしいけれど、「今日は駄目」って持って帰ってきてくれた。
ちょっと嬉しかった>By親バカですね
e0025779_9192826.jpg


by jigomaru | 2006-07-04 09:19 | カミキリ

結構ヨサゲ

フラ~っと見つけた場所。

e0025779_21303524.jpg


e0025779_21304920.jpg


e0025779_2131155.jpg


そこは、アズキナシの花が満開であった。
ヤツボシハナやツヤケシハナがプ~~ンと飛び、花の上をフタコブルリハナが旋回し、葉裏では、シラホシが食事をし、ジャコウホソハナがひっそりと休む姿もあった。

by jigomaru | 2006-07-03 21:38 | カミキリ

上手く入ったかも知れない


e0025779_19593067.jpg

e0025779_200076.jpg

e0025779_2001110.jpg

.....交尾


e0025779_2011642.jpg

e0025779_2012629.jpg

.....産卵

by jigomaru | 2006-07-03 20:04 | カミキリ

アオカミキリ

実家の御神木のモミジより、今年は本日採集が出来ました。
飛孔からの羽脱の瞬間は見れませんでしたが、例の如く「ビーン」っと羽音を立てて葉にバサリ

e0025779_21421330.jpg

ストロボ撮影だとこんな色になり

e0025779_2143633.jpg

ストロボを焚かない室内光だとこんな感じに

e0025779_21435367.jpg

少し大写しだとキラキラと綺麗

e0025779_21443698.jpg

飛ぶ姿はこんな様子となります。

by jigomaru | 2006-06-23 21:45 | カミキリ

カブトムシ

今年始めて、見たカブトムシです。
実家の庭で昨日確認しました。
e0025779_17141024.jpg


by jigomaru | 2006-06-21 17:15 | その他甲虫

ハイイロツツクビカミキリ

これも小さなカミキリ(5㎜位)であった。
とても肉眼では斑紋の様子が分からないので、デジタル画像にして、よく見てみようと撮影したが、ありゃりゃお尻のほうがボケちゃった。
横から観察したら、このカミキリお尻を上げて静止するようである。
シデやコナラ、などで採集されているようだがハンノキの粗朶を歩いてる所を見つけました。
e0025779_18155439.jpg
e0025779_18161985.jpg
e0025779_18164689.jpg


by jigomaru | 2006-06-18 18:17 | カミキリ

ルリカミキリ物語

私の仕事場付近には、ルリカミキリが生息してます。
それは、カミキリムシの採集に力を入れる以前から姿を見かけ、採集もしてたのだけど、それじゃ~どこで発生してるの?ってことまでは分からなかったし、知ろうともしていなかった。
要するに、採った事が有るだけでした。

ある時、それは、敷地内の焼却炉で火もしができるころだったから、数年前だと思うけど、ルリカミキリがその付近で飛んでる姿を見かけたのである。
あ、ルリちゃん近所のどこから?っとちょっと仕事をサボって、付近の探査。
そしたら、塀を挟んで焼却炉の有る裏側に梅の木があったのです。
その梅の木の葉上にキラリと光る瑠璃色の可愛い姿を見たとたん、この木に間違いない、君らはこの木が好きなんだなって思ったわけ。

翌年も発生時期になりその木を見回るが、どうも葉が食われた後がカミキリのそれではないのである。
思い込みは、いかんね~。ルリカミキリのホストが何かを調べても、梅にも来るはずだと頑固にそう思っちゃう。

一昨年の寒いころ、すたすたと散歩をしてた時のこと。
今まで気にもしていなかった木に、なんとなく目が止まった。
その木は梅の木とは道路を挟んで前方斜め前に有る木である。
その瞬間、全てがつながった。
ヒメリンゴの木がこんな所にあったとは。
辺りを見回すと畑の四つ角に同じように植わっているではないか。
あ~ここから君達は羽脱してたのか~っと数年来のなぞが解け、今度は成虫発生期が
とても待ち遠しかったのだ。
そんなことを思い出し、昨年は晴れてご対面であったのだ。
彼らは、その昔見かけた可愛い姿の君の子孫君達だな。

by jigomaru | 2006-06-16 15:32 | カミキリ

ふつふつと

不思議だな~、やっぱり出かけたくなるものだ。
チャンスが舞い込んだのは、先週の週末、何時ものように車中で雑談。
いきなり、「今年5連休が取れるんだよね~。」
って話を持ちかけられ、「え、そうなの、いいな~」って言ったらさ、
「○○○へ行こうよ」っていきなり言うんだもんな~。
その時は、「う~~んどうしよう」ってまだ頭の中でイメージできなかったのだけど。
しかし、やはりインパクトの有る楔だから、日に日に脳天に刺激が伝わる。
気がつけば、居ても立っても居られなくなり、どうも計画を立て始めている。
こうなれば、存分に楽しまねば。

by jigomaru | 2006-06-14 10:54 | メモ

ベールの中のその後

e0025779_22115867.jpg

蕾だった西洋芍薬が咲いて、良い香りがするころ、花びらに姿があった。

e0025779_22142929.jpg

花びらは、日に日に痛み、黄ばみだした。

e0025779_22161319.jpg

花びらも旨そうにバクバク食べてしまうとは。

e0025779_22174418.jpg

採集してから2週間が経つ本日、もうとっくに死骸だと思っていたら。

e0025779_22192650.jpg

産卵管を伸ばし、枝の間に差し込むそのしぐさは。

e0025779_22212970.jpg

そっと劣化した樹皮を剥がしてみたら、白い米粒を潰した様な物が有った。

e0025779_2223799.jpg

これが、ひょっとして、ひょっとすると。

つづく。     
          ~~と思う。

by jigomaru | 2006-06-11 22:26 | カミキリ