雑問のすすめ@じごまる

<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


ワクワク

えいもんさんの採集のエネルギーはワクワクすることだそうです。
うん、ワクワク、5月、6月はちょっとワクワクが足りず、じっと我慢が続いてました。
明日からいよいよ7月ですね。
私にとって、7月はただのラッキー7では無いのです。
もう少しで誕生日、7月に私はこの世に生まれたのでした。
よって、7月はバイオリズムがめちゃくちゃ良い、あまり占いとかは信じていませんが、大概な物を読むと幸運期であるようです。
ワクワク度も何故か7月前後は異様に高くなる自分です。

そっか、これが自分の中でもエネルギーの源だったのだな、って改めて思いました。
この時期になると、完全に暴走モード突入です。
さて、今年はどんな暴走を展開するのだろう?
自分にも予測が出来ない、だからメチャワクワクです。

by jigomaru | 2006-06-30 10:51 | メモ

お暑う御座います

本日、冷房メンテのため管理棟はうだるような暑さ(^_^;)
なんだか、汗かきながら、雑誌で仰ぎながらの仕事が妙に懐かしいです。
って言っても私が仕事をする年になったころは、すでに冷房は何処でも当たり前の世の中でしたので、小学生のころを思い出しての話です。

初めて我が家に冷房が入ったのは、爺さんが病で臥せった時。
看病といいつつ、その部屋がまるで高原のように涼しくて、子供ながらに快適な空間だな~っと思いました。

夏を信州で過すことが多かった当時、列車も車もまだエアコンは無く、窓を開けて走るのが当たり前で、渋滞は鬼のような暑さでタオルをぬらして首に巻いたり、そんなことをして凌いだものです。
しばらくして、車が新しくなって、エアコンが付いてると聞いた時、なんて凄いことだと思ったのも懐かしいことです。

今では、冷暖房が当たり前になり、四季を感じさせないエアコントロールが出来るエアコン(エアーコンディショナー)とは良く言ったものだと改めて思いますが、この暑さ、寒さを感じずに成長するということは、もしかして人も蛹で止まり、本来の大人としてのスイッチが入らないのでは有るまいか?
クワガタムシを飼育しててそんなことも思う本日、だからたまには良いかも冷房なしもね。

by jigomaru | 2006-06-27 13:40 | メモ

朝のたんぼ

南会津に出かけてきた。
早く目が覚めたのでちょっと散歩が出来た。
朝の田んぼの顔は、まだ昆虫の匂いがしない世界であった。

e0025779_21563754.jpg


e0025779_215729.jpg


e0025779_2157275.jpg


e0025779_21574638.jpg


by jigomaru | 2006-06-26 21:58 | 写真

アオカミキリ

実家の御神木のモミジより、今年は本日採集が出来ました。
飛孔からの羽脱の瞬間は見れませんでしたが、例の如く「ビーン」っと羽音を立てて葉にバサリ

e0025779_21421330.jpg

ストロボ撮影だとこんな色になり

e0025779_2143633.jpg

ストロボを焚かない室内光だとこんな感じに

e0025779_21435367.jpg

少し大写しだとキラキラと綺麗

e0025779_21443698.jpg

飛ぶ姿はこんな様子となります。

by jigomaru | 2006-06-23 21:45 | カミキリ

カブトムシ

今年始めて、見たカブトムシです。
実家の庭で昨日確認しました。
e0025779_17141024.jpg


by jigomaru | 2006-06-21 17:15 | その他甲虫

ハイイロツツクビカミキリ

これも小さなカミキリ(5㎜位)であった。
とても肉眼では斑紋の様子が分からないので、デジタル画像にして、よく見てみようと撮影したが、ありゃりゃお尻のほうがボケちゃった。
横から観察したら、このカミキリお尻を上げて静止するようである。
シデやコナラ、などで採集されているようだがハンノキの粗朶を歩いてる所を見つけました。
e0025779_18155439.jpg
e0025779_18161985.jpg
e0025779_18164689.jpg


by jigomaru | 2006-06-18 18:17 | カミキリ

ルリカミキリ物語

私の仕事場付近には、ルリカミキリが生息してます。
それは、カミキリムシの採集に力を入れる以前から姿を見かけ、採集もしてたのだけど、それじゃ~どこで発生してるの?ってことまでは分からなかったし、知ろうともしていなかった。
要するに、採った事が有るだけでした。

ある時、それは、敷地内の焼却炉で火もしができるころだったから、数年前だと思うけど、ルリカミキリがその付近で飛んでる姿を見かけたのである。
あ、ルリちゃん近所のどこから?っとちょっと仕事をサボって、付近の探査。
そしたら、塀を挟んで焼却炉の有る裏側に梅の木があったのです。
その梅の木の葉上にキラリと光る瑠璃色の可愛い姿を見たとたん、この木に間違いない、君らはこの木が好きなんだなって思ったわけ。

翌年も発生時期になりその木を見回るが、どうも葉が食われた後がカミキリのそれではないのである。
思い込みは、いかんね~。ルリカミキリのホストが何かを調べても、梅にも来るはずだと頑固にそう思っちゃう。

一昨年の寒いころ、すたすたと散歩をしてた時のこと。
今まで気にもしていなかった木に、なんとなく目が止まった。
その木は梅の木とは道路を挟んで前方斜め前に有る木である。
その瞬間、全てがつながった。
ヒメリンゴの木がこんな所にあったとは。
辺りを見回すと畑の四つ角に同じように植わっているではないか。
あ~ここから君達は羽脱してたのか~っと数年来のなぞが解け、今度は成虫発生期が
とても待ち遠しかったのだ。
そんなことを思い出し、昨年は晴れてご対面であったのだ。
彼らは、その昔見かけた可愛い姿の君の子孫君達だな。

by jigomaru | 2006-06-16 15:32 | カミキリ

ふつふつと

不思議だな~、やっぱり出かけたくなるものだ。
チャンスが舞い込んだのは、先週の週末、何時ものように車中で雑談。
いきなり、「今年5連休が取れるんだよね~。」
って話を持ちかけられ、「え、そうなの、いいな~」って言ったらさ、
「○○○へ行こうよ」っていきなり言うんだもんな~。
その時は、「う~~んどうしよう」ってまだ頭の中でイメージできなかったのだけど。
しかし、やはりインパクトの有る楔だから、日に日に脳天に刺激が伝わる。
気がつけば、居ても立っても居られなくなり、どうも計画を立て始めている。
こうなれば、存分に楽しまねば。

by jigomaru | 2006-06-14 10:54 | メモ

ベールの中のその後

e0025779_22115867.jpg

蕾だった西洋芍薬が咲いて、良い香りがするころ、花びらに姿があった。

e0025779_22142929.jpg

花びらは、日に日に痛み、黄ばみだした。

e0025779_22161319.jpg

花びらも旨そうにバクバク食べてしまうとは。

e0025779_22174418.jpg

採集してから2週間が経つ本日、もうとっくに死骸だと思っていたら。

e0025779_22192650.jpg

産卵管を伸ばし、枝の間に差し込むそのしぐさは。

e0025779_22212970.jpg

そっと劣化した樹皮を剥がしてみたら、白い米粒を潰した様な物が有った。

e0025779_2223799.jpg

これが、ひょっとして、ひょっとすると。

つづく。     
          ~~と思う。

by jigomaru | 2006-06-11 22:26 | カミキリ

入梅

関東もついに梅雨に入りました。
GWの後、良い天気って少なかったですね。
今年は、今のところ離島への計画がないので、此方の梅雨入りより、南西諸島の梅雨明けが気になるってこともありません。
梅雨の合間の晴れ間が週末にかかることを祈りつつ、これからの4週間は何が採れるか楽しみです。きっと種類数が最も多くなる時期に差し掛かるから、まだまだ新しい出遭いが待ってることでしょう。
また、新しい出遭いばかりでは有りません、昨年までに偶然に近い形で見つけられた種類との再会も夢見ております。

さて、明日ですが悩んだ末もう一度南会津へ出かけて見ます。
どうして落ちないのだろうか?
ヒメシラオビさん、私お目にかかりたいのですが、どうぞよろしく~。

by jigomaru | 2006-06-09 15:30 | メモ