雑問のすすめ@じごまる

<   2006年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


久々の羽脱

ここの所静かだった八重山材からの羽脱が昨夜ありました。

e0025779_7273989.jpg

e0025779_7334956.jpg

*ヨナグニゴマフカミキリ

e0025779_7285930.jpg

*イシガキフトカミキリ♀
このイシガキフトは、若干白い波形紋が現れてます。

by jigomaru | 2006-05-31 07:34 | カミキリ

ベールの中は

週末は、園芸をば
e0025779_20265164.jpg

大変ですよ、虫が付かないように、もとい虫が付くように祈ってるんです。

by jigomaru | 2006-05-28 20:28 | カミキリ

紫のヒナルリハナカミキリ

e0025779_23233737.jpg


今日は、ちかれた~な一日でした。
又1年しっかりお仕事、お仕事。
今夜は南の爺の夢が見れるかな~。
マンゴー皆で食べようね。

by jigomaru | 2006-05-24 23:26 | カミキリ

難しいです

サビカミキリはどうやらシナノサビ(トビラエンシス)ではなさそうです。
コメントはシナノの方に追加しておきました。

もう一つネジロの近隣での採集を報告しておきました。
ネジロはやはり千葉県の動物誌以外では、報告が乏しいようです。

by jigomaru | 2006-05-23 17:01 | メモ

ご注意を

5月、五月晴れの中で、花掬いはカミキリムシの採集としては、とても楽しい採集である。山間部では、ズミ、コナシなど6~10m頭上の花を掬うので、さほど問題はないけれど
平地や小高い丘に有る白い花で、吹き上げてきて訪花してくるカミキリムシを待つ時は、要注意であることが分かったよ。

昨日、高さ2メートルぐらいの白い花を凝視してたら今日になって、ドライアイで目がしょぼしょぼしてます。
日本では1年を通してもっとも紫外線が降り注ぐシーズンです。
白い花の近くに立って花をずーっと見つめてるってことは、花に反射した紫外線もおもいっきり浴びることにも成る訳だ。

最も強い時期の紫外線量+花に反射してる紫外線量をまともに目が受けてしまうのじゃ~。
南西諸島でも、海外でも、サングラスをしたことがなく、へっちゃらだと思ってました。
私め無用心でした。
5月の紫外線対策は美白のためばかりではありませ~~ん。
皆様気をつけてくださいませ、このような条件下での採集。

by jigomaru | 2006-05-22 16:25 | メモ

カエデノヘリグロハナ

e0025779_13485192.jpg


e0025779_13461724.jpg


e0025779_13464183.jpg


e0025779_1442925.jpg



もう花が終わりかけでした。

by jigomaru | 2006-05-22 13:47 | カミキリ

シナノサビ?

このカミキリはサビカミキリだろうか?
検索図説とにらめっこして後頭の正中溝が深く図示されてる形状に思うのだが。
皆さんは、どう思います。
因みに、採集は山梨県、材は薪(樹皮がなく良く分からない、針葉樹です)

e0025779_22452368.jpg


e0025779_2246294.jpg


by jigomaru | 2006-05-19 22:45 | カミキリ

かぐや姫

昨夜の特記事項は、何といってもウスアヤの羽脱。
それも、オモトだよ。
オモトウスアヤと言えば、石垣島。
石垣島でも於茂登岳。
於茂登岳の内でも極々限られた生息地。
春先に、そこへ登山したけど、まだ発生してなかったのか、又は強風で枝に登ってなかったのか?
叩けども叩けども1匹も落ちなかったのです。(手の平、指に豆が5つも出来た叩きは初めてだよ)
今年は、南も発生が遅れてると言われてますが、あんまりだ~(^_^;)
その時に頭を過ぎったのは、5月以降の発生が確かな時期に、またこの山を登るのくゎ~~
ヒーヒー言いながらも涼しい中を上るのとは訳が違うぞな。
3月だって気温20度越えてたし、こりゃー30度近い気温&高湿度では、1時間半の登山はキツイゼヨ~。
だって、登ってから叩かにゃならんのよ。登って、ピース記念撮影じゃないんだから(^_^;)
も~~。
そんで、山ほど有るリュウキュウチクをボーット眺めていたら、竹が光った。(嘘)
カグヤ様、そこに居ったのね。
そっか、そっか、育ててあげましょと材採が出来た小さな幼虫。
この時は、半信半疑、これがそうだと言う確証はまったく無しよ。
それから、もう少し太いのもポキット割ったら、太さに見合った大きめなお子が。
こっちは4匹ほど採集できたが、後にサビアヤデビルとなりました。(おっかない顔してるんだから)
月日が流れ、う~~ん半分忘れかけてた、その小さなお子入りの10センチに満たない竹の枝。
なんと、昨夜タッパーを覗いたら、パカット割れた竹の残骸。そこにだ、そこにこの
かぐや姫がひっそりと居ったのじゃ~。
めでたし、めでたし。

by jigomaru | 2006-05-18 12:32 | カミキリ

オモトウスアヤ

なんて品の良い、かわいらしいカミキリだろう。
まったく紋がないウスアヤである。
これ見たさに、ヒーヒー言いながら息子と登った於茂登岳がなんだか恋しくなるな~。
今夜はとても嬉しいな。
e0025779_0402039.jpg


e0025779_0403977.jpg


by jigomaru | 2006-05-18 00:40 | カミキリ

こんな雨の日は

昨年の画像を見てたら、未公開画像が沢山あったけど、その中から思い出深い1枚を今夜はお届けする事にしましょう。
なんちゃってね。
う~~んやっぱり格好いいね。
この円筒形のお尻をツンと上げて、飛行しちゃうんだもんね。
屋久島では下から吹上を上がってくるんですってね。
それも生い茂る木々で出来たトンネルを~。
う~たまらんな、きっと失神してしまうだろう。

こちらは奄美大島のモリヤイ(アマミホソコバネかミキリ)でした。
e0025779_2248291.jpg


by jigomaru | 2006-05-16 22:48 | カミキリ