雑問のすすめ@じごまる

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


シロオビチビヒラタ

山葡萄の枯蔓よりちょっと変わったシロオビが出てきました。
e0025779_2235065.jpg


こちらは、昨年羽脱した普通のシロオビチビヒラタのペアー。
e0025779_22363194.jpg


by jigomaru | 2006-02-26 22:37 | カミキリ

ジャコウホソハナ

クロキ材より羽脱第一弾はジャコウホソハナでありました。
信州で採集したときと同じ、胸と上翅が赤色のタイプです。
頭が細く、後ろ足が長く、頭・足が黒く、
日にかざすと胸の赤い色が透き通って見えます。
e0025779_12305227.jpg


e0025779_12311296.jpg


e0025779_12312517.jpg


by jigomaru | 2006-02-19 12:32 | カミキリ

カミキリ採集がしたくてウズウズ

材からは、まだ目新しい種類が出てきてない。
昨年は丁度、アマミアラカワシロヘリ、コバルトヒゲナガ、
リュウキュウタケウチヒゲナガが羽脱してきた頃だ。

この画像は、ボルネオのサバ州の内陸へ行った時の採集品。
山間部を流れる小川へ行き、川縁をふわふわ跳ぶガガンボのような飛行をしてたと記憶してる。
オレンジ色がとても鮮やかで、掬ってみて、初めてカミキリであることに、驚いたのであった。
e0025779_1232920.jpg


by jigomaru | 2006-02-17 01:23 | カミキリ

1925

1925年にドイツで作られたヴァイオリンです。
何度も、何度も修理されながら、今も現役で素敵な音色が出るのです。
このフルサイズのヴァイオリンになる前までの、子供サイズのどのヴァイオリンよりも、又国産の新品のヴァイオリンよりも艶やかな伸びの有る音が出るのです。
決して目が飛び出る名高いヴァイオリンではありませぬが、クラフツマンの心意気とでも申しましょうか、魂が宿る音色が、心地よいです。
息子よ、爺になったら、孫に子守唄でも弾いてみ
e0025779_2247026.jpg
~。

by jigomaru | 2006-02-13 22:47 | メモ

nikkor 50mm F1.4D

買っちゃいました。
現行のニコンの50㎜
ノンフラッシュ、室内撮影、絞り開放、シャッター50分の1(ISO400)
これが、これが、これが~~~求めてた感じだったのですー。
もう申し分なし。
ニコンの旧レンズは大分古いので、ソフトフォーカスがかかってるホンワカな感じ(あれはあれで凄く好き、因みに黒い服のジュリアがそれ)
NEWは、一皮向けた、すっきり印象です。(でも、前後のボケは息を呑むもの有るな)
野外でも楽しみです。
e0025779_21584473.jpg


by jigomaru | 2006-02-08 21:59 | Dog

デルモちゃん

お澄ましが、さまになってきたかな。
e0025779_21314262.jpg



e0025779_2132469.jpg


by jigomaru | 2006-02-05 21:32 | Dog

ファインダースクリーンの交換

ファインダースクリーンをオプションパーツのSタイプに変えてみました。
F2.5開放でMFでピン合わせ。(キャノンの50㎜マクロ使用)
糸の太さから言ってOKかなって感じです。
ピン山はつかみやすいです。
e0025779_20415087.jpg


by jigomaru | 2006-02-03 20:46 | メモ