雑問のすすめ@じごまる

オオトラ物語

オオトラってヤマトタマムシなど大型のタマムシに似た飛行姿勢で飛ぶ。
飛ぶ寸前のポーズ、と言うか飛び立つ前の姿勢は翅を半開きにして歩く。
そして簡単に舞い上がる。
カブトムシやクワガタムシよりも飛ぶのは上手。
又、カミキリムシの中でもヒゲの長い大型のカミキリに比べ、いとも簡単に飛行できるようだ。
短距離の移動もサッと飛び移る姿勢をとる。(跳ねるのではない、ちゃんと飛び移るのである)
野外で樹幹の移動もあっという間に忍者のように行えそうだ。
高さ20センチほどのプラケース内でも壁面移動は、歩くだけではなく、サット飛び移る。
しかし飛行速度は決して速くはない。
ハナムグリの方がはるかに高速飛行する。
長距離を水平に飛ぶのは案外苦手なのかもしれない。
樹幹を行き来したり上下の移動は、足を使って這い回る事と、このサッと飛び移る事の併用なのだろう。
e0025779_20649100.jpg


by jigomaru | 2005-09-12 20:07 | カミキリ
<< 秋刀魚食べてますか オオトラ >>