雑問のすすめ@じごまる

かぐや姫

昨夜の特記事項は、何といってもウスアヤの羽脱。
それも、オモトだよ。
オモトウスアヤと言えば、石垣島。
石垣島でも於茂登岳。
於茂登岳の内でも極々限られた生息地。
春先に、そこへ登山したけど、まだ発生してなかったのか、又は強風で枝に登ってなかったのか?
叩けども叩けども1匹も落ちなかったのです。(手の平、指に豆が5つも出来た叩きは初めてだよ)
今年は、南も発生が遅れてると言われてますが、あんまりだ~(^_^;)
その時に頭を過ぎったのは、5月以降の発生が確かな時期に、またこの山を登るのくゎ~~
ヒーヒー言いながらも涼しい中を上るのとは訳が違うぞな。
3月だって気温20度越えてたし、こりゃー30度近い気温&高湿度では、1時間半の登山はキツイゼヨ~。
だって、登ってから叩かにゃならんのよ。登って、ピース記念撮影じゃないんだから(^_^;)
も~~。
そんで、山ほど有るリュウキュウチクをボーット眺めていたら、竹が光った。(嘘)
カグヤ様、そこに居ったのね。
そっか、そっか、育ててあげましょと材採が出来た小さな幼虫。
この時は、半信半疑、これがそうだと言う確証はまったく無しよ。
それから、もう少し太いのもポキット割ったら、太さに見合った大きめなお子が。
こっちは4匹ほど採集できたが、後にサビアヤデビルとなりました。(おっかない顔してるんだから)
月日が流れ、う~~ん半分忘れかけてた、その小さなお子入りの10センチに満たない竹の枝。
なんと、昨夜タッパーを覗いたら、パカット割れた竹の残骸。そこにだ、そこにこの
かぐや姫がひっそりと居ったのじゃ~。
めでたし、めでたし。

by jigomaru | 2006-05-18 12:32 | カミキリ
<< シナノサビ? オモトウスアヤ >>