雑問のすすめ@じごまる

白畑さんと細木さん(2005/06/10 記載の再掲)

彼らを観察してみて、見受けられたこと。
白畑さんは、気配を感じると葉裏でつかまってた手足を離してストンと落ちる。
スイカズラが縦に伸びてる所では、ビーティングでも容易に採集が可能であろう。
しかし、ツルが横にはびここりビーティングネットが入りにくい箇所では採集前に下に落下してしまうだろう。
ホストはつる状なので目の前の部分に触れてなくても足で踏んだりして案外、敏感にポトリと落ちてしまう。
落ちた先では幹に捕まり隠れたり、地表まで落ちた場合はじっとしてるので、あわてずに確認をすれば採集は可能であろう。

細木さんの場合、彼らは手を離してストンといくが、すぐ飛び立つ!
これはなかなか見事である。
よって、ビーティングでは上手いように採集はできない。特に雄は飛び立つのが早い。それじゃ~ネットで飛び立つのをまって掬えばいいじゃん。ってその通りなのだけど、白畑さんのようにマッタリ、直線的には飛ばぬのであーる。
本で読んだことがあるが、上下に蛇行して飛ぶ業師なのであった。
そのタイミングとは、ネットを空振りさせるのに十分、なかなかユニーク。
よって林縁で細木さんに出会った時は、あわてずに三振アウトーになるまで、あきらめずに、すばやく振ってみましょう(^^♪
こんな種間特性が観察できました。

by jigomaru | 2005-07-21 10:59 | カミキリ
<< 甲虫ニュース(その1) 完全格納 >>